ホーム プロフィール コンサート情報 ディスコグラフィー ギャラリー ブログ 後援会

岡崎ゆみ(ピアニスト):

東京藝術大学卒業、同大学院修了(修士号取得)、ピアノ専攻。13歳で羽鳥栄に師事し本格的にピアノを始める。その後、故谷泰子芸大名誉教授に師事しわずか5年で藝大ピアノ科に現役合格する。1983年にハンガリー給費留学試験に最優秀で合格し、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。Z・コーネル、F・シャンドールの他、マスタークラスにてゾルタン・コチシュ、オキサナ・ヤブロンスカヤ、ジョルジュ・シェベークに師事。1986年朝日新聞主催第5回「飯塚・新人音楽コンクール」ピアノ部門に優勝、大賞および文部大臣賞を受賞。同年東京FMホールにてバルトークをフィーチャーした帰国リサイタルを開催。東京フィルハーモニーを始め全国のオーケストラと共演を始める。

1989年にキングレコードよりデビューCDを発売、その後ソニーレコードからCDを発売する。テレビ・ラジオ番組の司会も多数務める。テレビ朝日「USAエクスプレス」(司会)、NHK教育「おしゃれ工房」(司会)、NHK-BS2「シネマパラダイス」(演奏)、ラジオ日本「岡崎ゆみのクラシックの森」(司会)、ラジオ日本「岡崎ゆみのいい日ハピネス」(司会)、テレビ東京特別番組「大人気分でワシントン」「北京秋天エトランゼ」(メインキャスター)。2003年よりSony Music Artistsと契約。2004年より始まった和光堂プレゼンツ「岡崎ゆみファミリーコンサート」は未就学児と妊婦に向けたユニークなコンサートとして全国各地で好評を博す。2005年にCD付き著書「クラシックを聴くと良い子が育つ」を上梓。 またクラシックの範囲にこだわらずシンガーの麻倉未稀とコラボレーションを行い、ディナーショーやクルージングイベントに多数出演。

2007年より米国ワシントン州の大学で作曲・ジャズ・声楽を勉強。2009年帰国リサイタルを東京紀尾井ホールで開催。2011年はSave Japanのコンサートをイスタンブールと東京で開催した。また祖父である岡崎嘉平太の記念館開館10周年を記念して岡山県にて倉敷管弦楽団と共演し成功を収める。2013年には米国ロックフェラー財団の総裁を務めるデイビッド・ロックフェラーJr,氏の海洋保護団体であるNPOセイラーズフォーザシーのチャリティーコンサートで会長臨席の晩餐会にて演奏。同年行われた紀尾井ホールのソロリサイタルでは批評家から「繊細な表現力」を高く評価された。2014〜16年にはJTアートホールアフィニスにてソロリサイタル。2014年にデザインK国際ピアノコンクールの立ち上げに関わり、現在まで審査員を務めている。

2016年より「岡崎ゆみの音楽タイムライン」を東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団と協演、全国の中学高校で開催。2017年秋に吉備中央音楽祭に出演。2018年に岡崎嘉平太生誕120周年記念/日中平和友好条約締結40周年記念行事を羽田空港にて演奏。

(公社)日本演奏連盟正会員、(一社)全日本ピアノ指導者協会正会員、(公財)ソニー教育財団 評議員、特定非営利NPO法人子供地球基金顧問

連絡先 : ミュージックアプリケーション
TEL: 03-5573-9977
URL: http://www.music-ap.co.jp/


常時のレパートリー

ショパン:
ワルツ第1番、第2番、第6番(子犬)、スケルツオ第2番、第3番、バラード第1番
英雄ポロネーズ、ノクターン第1,2,5,8番、練習曲作品10第3番(別れの曲)、12番(革命)、
作品25第1番(エオリアンハープ)、子守歌
リスト:
ため息、森のささやき、夕べの調べ、ラ・カンパネラ、慰め第3番、愛の夢、ハンガリー狂詩曲第2、6番、死のチャールダーシュ
ドビュッシー:
夢、月の光、版画
ラヴェル:
水の戯れ、亡き皇女のためのパバーヌ
フォーレ:
シシリエンヌ、夢のあとに
チャイコフスキー:
くるみ割り人形より行進曲、花のワルツ
モーツァルト:
ソナタK331(トルコマーチ)

3大子守歌  モーツアルト.シューベルト、ブラームス 岡崎編

協奏曲
ガーシュイン:ラプソディーインブルー
チャイコフスキー:第1番、グリーグ、ショパン:第1番、第2番、
ラフマニノフ:第2番


これまでのレパートリー

LISZT
ソナタ、エステ荘の噴水、小鳥に語りかけるアッシジの聖フランシス、波を渡るパオロの聖フランシス
CHOPIN
スケルツオ&バラード全8曲、幻想ポロネーズ、マズルカ、
FAURE
シシリエンヌ(ソロ)、
POULENC
常道曲、エディット・ピアフに捧ぐ、
RAVEL
ソナチネ、感傷的なワルツ、古風なメヌエット、オンディーヌ、道化師の朝の歌
MOZART
きらきら星の主題と変奏、幻想曲KV237ニ短調、
BACH
トッカータとフーガ(ブゾーニ編)、小フーガ、平均律1-1プレリュード
SCHUBERT
楽興の時、即興曲、
SHUMANN
子供の情景より、ノヴェレッテ代7番
TCHAIKOVSKY
四季より舟歌
協奏曲:
バルトーク ピアノ協奏曲第3番
モーツアルト ピアノ協奏曲 K.466、K.467、K.488他
アディンセル ワルソーコンツエルト

他、多数



Yumi Okazaki, Pianist

Yumi Okazaki started dedicated piano studies under the direction of Sakae Hatori at the age of 13. She studied at Tokyo University of Arts with Professor Emeritus Yasuko Tani, earning Bachelor of Music and Master of Music degrees in piano.

In 1983, the Hungarian government awarded Yumi a scholarship with high distinction for studying at the Liszt Ferenc Academy of Music in Budapest, where she studied under Kornel Zempleni and Sandor Falvay, as well as Zoltan Kocsis, Oxana Jablonskaja, and George Sebők in the master classes.

Upon returning to Japan, Yumi embarked on a series of nationwide solo piano recitals and concerts with prestigious orchestras such as the Tokyo Philharmonic, the Nagoya Philharmonic, and the Kyushu Philharmonic, enthralling audiences with for her subtle yet powerful musical expression.

In 1986, Yumi won first place in the piano division at the the 5th Annual Music Competition in Iizuka sponsored by the Asahi Shimbun Company, winning the Grand Prix and the Minister’s Award from Japan’s Ministry of Education,

In 1989, Yumi released her debut CD from King Records, and her follow-up CD from Sony Records. With her elegant performance style, Yumi has been in demand at European couture houses for shows and events, as well as special events in other industries. Yumi also displayed her talent as an announcer for many Japanese network TV and radio stations such as TV Asahi, NHK E-TV, NHK-BS2, Radio Nippon, and TV Tokyo, which cover travel, fashion and music.

In 2003, Yumi signed with Sony Music Artists, and in 2004 her popularity grew with her unique concerts for preschool children and expectant mothers entitled, ‘Wakodo Presents: Yumi Okazaki’s Family Concert.’ She also published a book accompanied with a CD, ‘Listening to Classical Music Fosters Healthy Children (Kurashikku wo kiku to yoi ko ga sodatsu),’ and launched a series of classical music concerts to provide a positive influence on raising healthy children.

Yumi has expanded her repertoire beyond classical music by collaborating with a popular Japanese vocalist, Miki Asakura, with whom Yumi has performed at dinner shows and luxury cruise parties.

In 2007 she studied modern and jazz music and composition in the United States, and upon her return to Japan in 2009, she held a recital at Kioi Hall with the program including the vocal and jazz piano pieces. In 2011, Yumi performed at the ‘Save Japan’ concerts in Istabul and Tokyo, as well as a special concert with the Kurashiki Orchestra commemorating the 10th anniversary of Kaheita Okazaki Memorial Hall, named in honor of Yumi’s grandfather.

In 2013, Yumi performed at a charity concert for ‘Sailors for the Sea,’ an international non- profit organization under the leadership of David Rockefeller Jr. Later that year, Yumi performed another solo recital at Kioi Hall which was lauded by the critics as having a ‘delicate power of expression’. In 2014, under sponsorship of the Sailors for the Sea, she held a recital at the JT Art Hall Affinis featuring musical pieces on the sea. She also had solo recitals from 2014 to 2016 at JT Art Hall Affinis. Yumi organized the first Design K International Piano Competition in 2014 and has also served as a member of jury.

Since 2016 Yumi has performed at “ Yumi Okazaki Music Time Line” with Tokyo Universal Philharmonic Orchestra in junior and senior high schools all aver Japan. In the fall of 2017,

She played in Kibi Central Music Festival. In 2018, Yumi performed at the 120th Anniversary of Kaheita Okazaki’s Birth / the 40th Anniversary of the Japan- China Treaty of Peace and Friendship.

Yumi is a committee member of the Sony Foundation of Education, a member of the Japan Federation of Musicians and the Piano Teachers’ National Association of Japan, and an advisor for the Kids Earth Foundation.


HOME  |  PROFILE  |  CONCERT INFO  |  DISCOGRAPHY  |  GALLERY  |  BLOG  |  SUPPORTER CLUB
2005 (C) Yumi Okazaki All Rights Reserved.